【保存版】楽天証券のIPOルール ~ 後期型を採用!資金効率UPが図れる証券会社! | IPO投資体験記

【保存版】楽天証券のIPOルール ~ 後期型を採用!資金効率UPが図れる証券会社!

楽天証券,IPOルール,IPO始め方

楽天証券は、ネット証券のひとつで、 後期型を採用しており、資金効率アップすることができる証券会社です。 ※BB時と購入期間の2回申込が必要です。

【まとめ】楽天証券IPOルール

下記に楽天証券のIPOルールをまとめました。 要点だけみたい方はこちらを利用してみてください。

証券会社楽天証券
申込口数1口
抽選タイミング後期型
同資金重複申込BB時の申込(1回目)
申込回数2回(BB時と購入申込)
抽選方法と配分完全平等100%
BB時の買付余力必要
資金拘束のタイミング購入申込時
抽選結果当選・落選
抽選結果発表時間16:30以降
NISA口座買付不可
当選辞退のペナルティなし
口座開設数約500万
即時入金楽天銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、PayPay銀行
セブン銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行、住信SBIネット銀行
イオン銀行、広島銀行
未成年口座
申込手順1.銘柄情報の確認
2.需要申告の参加
4.購入申込の手続き
5.結果の確認
6.入金
7.購入
8.売却

IPOの取り扱い実績

楽天証券の直近5年間のIPO実績です。
年々IPO取り扱いが増えている傾向かつ、後期型で効率よくIPO申込ができるおすすめの証券会社です。

年数2020年2019年2018年2017年2016年2015年
主幹事0社0社0社1社0社0社
引受幹事
(委託含む)
38社26社11社4社8社10社
主幹事 + 引受幹事
(委託含む)
38社26社11社4社8社10社

完全平等に100%抽選!!

以前はステージ制を採用しておりましたが、廃止された現在は抽選比率100%になっているので、資金量や取引実績に関係なく平等に抽選をしてくれます。

抽選確率を発表してくれます!

他の証券会社にない特徴として、抽選確率を教えてくれます。 抽選確率を教えてくれるのは、他に1社しかないので、どのぐらい人気のIPOだったのかわかります!

抽選のタイミングは後期型を採用

楽天証券は後期型を採用しています。

後期型とは「購入申し込み」の後に「抽選」を行います。
また、「抽選申込み時」と「購入申込み時」の「2回」手続きが必要になります。
このタイプが一部で後期型と呼ばれています。

後期型のメリットとして前期型と抽選日がずれるため、その期間に資金を移動させることにより、同じ資金で同じIPO株に申込ができる点です。
資金を移動させる作業が必要になりますが、申込をするために30万ほど資金が必要なIPO株もあるので、多くのIPO株を申込をするためにも後期型の証券会社を利用した方が良いでしょう。

注意点として、BB時と購入申込時の2回申込をしなければいけません。始めたては忘れてしまうことがあると思うので、ご注意ください。

楽天証券の手数料

楽天証券の入金や出金手数料と売買手数料についてまとめました。

楽天証券の売買手数料

楽天証券証券の、主なコースとしては「超割コース」と「いちにち定額コース」という売買手数料プランが用意されています。

超割コース

1回のお取引金額で取引手数料が決まります。手数料の1%分をポイントバックしています。

現物取引手数料
取引金額新手数料
5万円まで55円(税込)
10万円まで99円(税込)
20万円まで115円(税込)
50万円まで275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超1,070円(税込)
信用取引手数料
取引金額新手数料
10万円まで99円(税込)
20万円まで148円(税込)
50万円まで198円(税込)
50万円超385円(税込)

いちにち定額コース

現物取引と信用取引を合算した1日の合計取引金額で取引手数料が決まります。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算しています。

1日の取引金額合計手数料
100万円まで0円
200万円まで2,200円(税込)
300万円まで
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)を追加。3,300円(税込)

楽天証券の入金手数料

楽天証券の入金方法として、「リアルタイム入金」があります。パソコン・スマホ・タブレットから入金指示を出せるので手間もかかりません。 以下の利用金融機関であれば、手続きは可能で、振込手数料も無料で行えます。

金融機関楽天銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、PayPay銀行 セブン銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行、住信SBIネット銀行 イオン銀行、広島銀行

楽天証券の出金手数料

楽天証券の口座からの出金方法は2つあり、「通常出金(円貨出金)」と「らくらく出金」 らくらく出金は楽天銀行と連携して行うものです。無料で即時反映されます。
証券会社間で資金移動をする事が多いIPO投資において、出金が即時に反映されるのは非常に。IPO上場が多い月は、資金移動が間に合わず、BBに申し込めなかったということも多発します。

なので、楽天証券を利用するなら出金が即時反映させる「楽天銀行」がオススメです。

手数料タイミング
らくらく出金無料即時
通常出金(円貨出金)無料15:30まで翌営業日

楽天証券IPOルールまとめ

楽天証券のおすすめポイントをまとめました。
後期型を採用しているの資金効率回したい方にはおすすめの証券会社です!

  • 資金効率UPを図れる後期型を採用
  • BB時と購入申込時に2回を申込みをしなければいけない
  • BB時には資金が必要、購入時には資金が拘束される
  • 抽選配分100% 抽選方法は完全平等抽選 抽選確率がわかる
  • 即時入金サービスの利用で振込手数料も無料
  • 楽天銀行と連携すれば、即時出金も無料
  • 口座開設費・維持費は無料

コメント

  1. […] 楽天証券 […]