「IPO初値予想」リヴァンプ(4070):初値上昇に期待は中!? | IPO投資体験記

「IPO初値予想」リヴァンプ(4070):初値上昇に期待は中!?

IPO,投資,初心者,株取引,初値予想,リヴァンプ,4070,

「IPO初値予想」リヴァンプ(4070):初値上昇に期待は中!?

追記 – 上場中止が発表されました。

リヴァンプ(4070)IPOが新規上場承認されましたので、初値予想及び企業情報の紹介をさせていただきます。

リヴァンプ(4070)は、経営・マーケティング事業、業務・デジタル&IT事業、事業経営事業及び投資事業を行っています。

リヴァンプ公式サイト引用

評価・初値予想

初値上昇の期待は持てそうです。

ロックアップがかかっている点や業績は安定しており、オファリングレシオもやや低いです。

なので今回は評価は「B」とさせていただきました。

ポイントコメント
業績
ロックアップ期間
オファリングレシオやや低い
当選口数少し多い
吸収金額少し多い
トレンド
初値予想3,523円  〜  4,065円
初値上昇率1.3倍  〜  1.5倍
評価B

基本情報

企業名リヴァンプ
上場予定日2021/6/29
市場JASDAQ スタンダード
業種情報・通信業
証券コード4070
企業URLhttps://www.revamp.co.jp/
ブックビルディング期間2021/6/10 ~ 6/16
時価総額(想定)26,428百万円
吸収金額40億円程度
当選口数10,120口
想定価格2,710円
仮条件2,710円~3,100円
仮条件決定日2021/6/9
公募価格
公募価格決定日2021/6/18
購入期間2021/6/21 ~ 6/24
オファリングレオ17.2%
公開株数1,472,000株
公募株数280,000株
売出株数1,000,000株
オーバーアロットメント192,000株

事業内容

経営・マーケティング事業、業務・デジタル&IT事業、事業経営事業及び投資事業を行っています。

経営・マーケティング事業

主にBtoCビジネスを中心とした企業に対する経営実務の支援及びマーケティング/クリエイティブ業務を提供

業務・デジタル&IT事業

業務改革を中心としたコンサルティング、システム構築及びデジタルトランスフォーメーション(DX)支援を提供

事業経営事業

事業・経営に直接参画する、という当社グループの特徴を体現する『場』として事業を展開

投資事業

高い成長可能性が期待される企業に対して自己資金による企業投資

手取金の使途

調達した資金は、①事業の拡大に伴う人件費及び採用費、②本社オフィス増床に伴う費用並びに③新規プロダクトに係る研究開発費用及びソフトウエア開発費用に充てる予定です。

連結 財務情報

売上は成長しています。

回次第14期第15期
決算年月2019年3月2020年3月
売上高(千円)6,542,9706,928,433
経常利益(千円)1,375,8941,534,365
親会社株主に帰属する
当期純利益
(千円)1,046,8741,240,062
包括利益(千円)1,192,0121,027,848
純資産額(千円)5,492,8216,520,669
総資産額(千円)7,058,8567,505,893

単独 財務情報

回次第11期第12期第13期第14期第15期
決算年月2016年3月2017年3月2018年3月2019年3月2020年3月
売上高(千円)1,685,0721,816,9373,046,9595,465,5946,151,716
経常利益(千円)338,018115,059546,3751,341,4021,461,153
当期純利益(千円)232,717.0028,5301,430,999923,4101,105,388
資本金(千円)100,000100,000100,000100,000100,000
発行済株式総数(株)410,000485,109485,1099,702,1808,525,180
純資産額(千円)1,512,3652,891,7904,497,0595,250,1856,134,061
総資産額(千円)2,148,2663,442,7595,277,2656,675,1947,014,459
有価証券届出書引用

ロックアップ期間

株主上位10名とロックアップの情報です。

株主にしっかりとロックアップがかかっています。

株主名株数比率売出し株ロックアップ
湯浅 智之 代表取締役2,456,140株30.13%90日間
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社1,600,000株19.63%90日間
澤田 貴司1,260,000株15.46%1,000,000株90日間
齋藤 武一郎 取締役796,140株9.77%90日間
瓜生 健太郎 取締役500,000株6.13%90日間
伊藤 雅俊400,000株4.91%90日間
玉塚 元一205,000株2.51%90日間
千田 勇一 取締役181,520株2.23%90日間
大山 拓也 取締役100,000株1.23%90日間
安藤 大祐90,000株1.10%

IPO初値上昇ポイント

  • 売上は成長しているので、高評価
  • ロックアップがかかっているので、高評価
  • オファリングレシオはやや低いため、高評価

幹事証券

主幹事

幹事

SBI証券
SMBC日興証券
みずほ証券
マネックス証券
岩井コスモ証券
松井証券
いちよし証券

SBI証券はIPO取扱実績2020年度No.1です

松井証券は前受金0円でIPO抽選が受けられます

松井証券【IPO訴求】

岩井コスモ証券は後期型で資金効率UPが狙えます

岩井コスモ証券

マネックス証券は完全平等抽選配分100%です

IPO申込スタンス

初値上昇に期待が持てるので、積極的に申し込みをしたいと思います!

コメント