「IPO初値予想」オムニ・プラス・システム・リミテッド(7699):初値上昇に期待小!? | IPO投資体験記

「IPO初値予想」オムニ・プラス・システム・リミテッド(7699):初値上昇に期待小!?

IPO,投資,初心者,株取引,初値予想,オムニ・プラス・システム・リミテッド,7699,

「IPO初値予想」オムニ・プラス・システム・リミテッド(7699):初値上昇に期待小!?

オムニ・プラス・システム・リミテッド(7699)IPOが新規上場承認されましたので、初値予想及び企業情報の紹介をさせていただきます。

オムニ・プラス・システム・リミテッド(7699)は、エンジニアリング・プラスチックを軸に、顧客のニーズに応じたカタログ販売や汎用品の販売を行うエンジニアリング・プラスチックの流通事業と、開発・製造事業を行っています。

オムニ・プラス・システム・リミテッド公式サイト引用

評価・初値予想

初値上昇の期待が薄く公募割れの可能性もありそうです。

ロックアップはかかっているものの、売上は横ばいで、海外株ということもあり、需要があるかどうか読みづらいです。

なので今回は評価は「C」とさせていただきました。

ポイントコメント
業績
ロックアップ期間
オファリングレシオ
当選口数少し多い
吸収金額普通
トレンド
初値予想855円  〜  1,140円
初値上昇率0.9倍  〜  1.2倍
評価C

基本情報

企業名オムニ・プラス・システム・リミテッド
上場予定日2021/6/29
市場東証(海外)
業種卸売業
証券コード7699
企業URLhttps://www.omniplussystem.com/ja
ブックビルディング期間2021/6/10 ~ 6/16
時価総額(想定)
吸収金額9.5億円程度
当選口数10,120口
想定価格950円
仮条件940円~960円
仮条件決定日2021/6/9
公募価格
公募価格決定日2021/6/17
購入期間2021/6/18 ~ 6/23
オファリングレオ
公開株数1,012,000株
公募株数880,000株
売出株数
オーバーアロットメント132,000株

事業内容

エンジニアリング・プラスチックを軸に、顧客のニーズに応じたカタログ販売や汎用品の販売を行うエンジニアリング・プラスチックの流通事業と、開発・製造事業。

エンジニアリング・プラスチック事業の単一セグメントです。

流通事業

エンジニアリング・センター機能及び高機能エンジニアリング・プラスチックのコンパウンド(混合、着色等)を介さない製品の流通であり、その多くは汎用品(ジェネリック)の販売として、売上収益の約60~70%を占めています。

開発・製造事業

ブランドメーカーが生産する家庭用電気機器、電子機器、OA機器、自動車、通信関連機器、医療機器等の製品において、筐体や内蔵部品等の部品用途のニーズに対応した素材の耐久性、耐熱性等に優れた高機能エンジニアリング・プラスチックの開発を行うほか、ブランドメーカーとの共同研究

手取金の使途

調達した資金は、原材料仕入に係る運転資金に充てる予定です。

連結 財務情報

売上は横ばいです。

回 次第14期第15期第16期第17期第18期
決算年月2016年3月2017年3月2018年3月2019年3月2020年3月
売上収益(千米ドル)81,468109,767168,962209,116192,779
税引前利益(千米ドル)2,2403,3049,61911,55310,703
当期利益(千米ドル)2,0863,0838,0699,26410,026
当期包括利益(千米ドル)1,9243,4258,6008,9129,833
純資産額(千米ドル)7,58510,80220,21838,12328,010
総資産額(千米ドル)40,01553,12188,20998,205105,283
有価証券届出書引用

ロックアップ期間

株主上位10名とロックアップの情報です。

株主にしっかりとロックアップがかかっています。

株主名株数比率売出し株ロックアップ
Neo Puay Keong8,065,196株40.23%180日間
ITOCHU Plastics Pte. Ltd.5,315,384株26.52%180日間
D3cube Venture Pte Ltd4,009,168株20.00%180日間
Ang Whai Hoon1,453,344株7.25%90日間
Omni-2025 Pte Ltd1,202,752株6.00%180日間

IPO初値上昇ポイント

  • 売上は横ばいで、低評価
  • ロックアップがかかっているので、高評価
  • 海外株で投資家の動向が読みにくいため、低評価
  • トレンドといえる事業内容ではないため、低評価

幹事証券

主幹事

みずほ証券

幹事

幹事を務めるSBI証券は独自のIPOチャレンジやIPO取扱実績2020年度No.1でおすすめの証券会社です。

IPO申込スタンス

公募割れの可能性も秘めているので、様子を見ながら申し込みをしたいと思います!

コメント