「IPO初値予想」コンフィデンス(7374):初値上昇に期待が持てる!? | IPO投資体験記

「IPO初値予想」コンフィデンス(7374):初値上昇に期待が持てる!?

IPO,投資,初心者,株取引,初値予想,コンフィデンス,7374,

「IPO初値予想」コンフィデンス(7374):初値上昇に期待が持てる!?

コンフィデンス(7374)IPOが新規上場承認されましたので、初値予想及び企業情報の紹介をさせていただきます。

コンフィデンス(7374)は、ゲーム・エンターテイメント業界向け人材派遣・人材紹介・受託事業およびメディア事業を行っています。

コンフィデンス公式サイト引用

評価・初値予想

初値上昇に期待が持てそうです。

売上も成長しており、オファリングレシオも低く、吸収金額もそこまで多くないため、供給よりも需要の方が高そうです。

なので今回は評価は「B」とさせていただきました。

ポイントコメント
業績
ロックアップ期間
オファリングレシオ低い
当選口数普通
吸収金額普通
トレンド
初値予想2,236円  〜  2,580円
初値上昇率1.3倍  〜  1.5倍
評価B

基本情報

企業名コンフィデンス
上場予定日2021/6/28
市場東証マザーズ
業種サービス業
証券コード7374
企業URLhttps://confidence-inc.jp/
ブックビルディング期間2021/6/10 ~ 6/16
時価総額(想定)8,025百万円
吸収金額10.4億円程度
当選口数6,210口
想定価格1,720円
仮条件1,680円~1,760円
仮条件決定日2021/6/8
公募価格
公募価格決定日2021/6/17
購入期間2021/6/18 ~ 6/23
オファリングレオ13.6%
公開株数621,000株
公募株数290,000株
売出株数250,000株
オーバーアロットメント81,000株

事業内容

事業セグメントとして人材事業、受託事業及びメディア事業を展開

人材事業

人材派遣事業、人材紹介事業を行っており、その中でも人材派遣事業が当社の主力事業となっております。当社は、ゲーム業界及びその周辺領域に特化しており、ゲーム開発、デザイン、運用・サポート、企画・運営等を行うことができるクリエイター人材を抱えることにより、ゲーム会社向けに人材サービスを提供。また、子会社に委託してゲーム情報サイト「GAMEMO」を運用。

受託事業

クライアントのゲーム開発及び運営のうち、外部委託可能な業務を当社が引き受けて代行する事業であります。当社は現在、主にゲームのデバッグ工程を中心にサービス提供

メディア事業

女性向け情報サイト「Lovely」の運営・管理を行っており、女性向けにファッションや美容に関する解説記事などユーザーのニーズに応える情報を提供

手取金の使途

調達した資金は、新規拠点の開設費用、事業拡大のための人材採用費用及び人件費、自社で運営する求人メディアに係る初期投資に充てる予定です。

連結 財務情報

売上は成長しています。

回次第5期第6期
決算年月2019年3月2020年3月
売上高(千円)2,004,9892,604,492
経常利益(千円)131,630331,687
親会社株主に帰属する当期純利益
又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)
(千円)59,383△282,974
包括利益(千円)70,464△270,956
純資産額(千円)585,822293,515
総資産額(千円)1,351,8141,070,701
1株当たり純資産額(円)13160
1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)(円)14△66.27

単独 財務情報

回次第2期第3期第4期第5期第6期
決算年月2016年3月2017年3月2018年3月2019年3月2020年3月
売上高(千円)188,176512,4971,140,5241,897,0852,464,315
経常利益又は経常損失(△)(千円)△15,140104,35579,341354,943320,275
当期純利益又は当期純損失(△)(千円)△15,32073,15024,912152,521△396,813
資本金(千円)30,00090,00090,000257,500257,500
発行済株式総数(株)6001,8001,80021,35021,350
純資産額(千円)7,734140,885165,798653,319235,156
総資産額(千円)90,660267,111403,1431,383,829993,676
1株当たり純資産額(円)12,89178,27092,11015355
有価証券届出書引用

ロックアップ期間

株主上位10名とロックアップの情報です。

VCはいるもののロックアップはしっかりとかかっています。

株主名株数比率売出し株ロックアップ
株式会社アミューズキャピタルインベストメント1,584,000株34.81%180日間
株式会社アミューズキャピタル804,000株17.67%180日間
中山 隼雄780,000株17.14%200,000株180日間
SBI Ventures Two株式会社 VC400,000株8.79%90日間/1.5倍
木村 重晴238,000株5.23%50,000株180日間
澤岻 宣之 代表取締役社長76,000株1.67%180日間
吉川 拓朗 取締役66,000株1.45%180日間
中村 俊一48,000株1.05%
泉水 敬48,000株1.05%
鎌田 和彦40,000株0.88%

IPO初値上昇ポイント

  • 売上は成長しているため、高評価
  • オファリングレシオも低いほうなので、高評価
  • 吸収金額もあまり多くないので、高評価
  • VCはいるものの、ロックアップはかかっているので、問題なし

幹事証券

主幹事

みずほ証券

幹事

SBI証券
SMBC日興証券
楽天証券
松井証券
エース証券

幹事を務めるSBI証券は独自のIPOチャレンジやIPO取扱実績2020年度No.1でおすすめの証券会社です。

幹事を務める松井証券は前受金0円でIPO抽選が受けられるおすすめの証券会社です。

松井証券【IPO訴求】

幹事を務める楽天証券は完全平等抽選配分100%かつ後期型で資金効率UPが狙えるおすすめ証券会社です。

楽天証券

IPO申込スタンス

初値上昇に期待が持てるので、積極的に申し込みをしたいと思います!

コメント