「IPO」Enjin(7370):初値は利益がでそう!? | 初値予想及び企業情報 | IPO投資体験記

「IPO」Enjin(7370):初値は利益がでそう!? | 初値予想及び企業情報

Enjin,7330,IPO,初値予想

「IPO」Enjin(7370):初値は利益がでそう!? | 初値予想及び企業情報

※有価証券届出書引用

Enjin(7370)のIPOが新規上場承認されましたので、初値予想及び企業情報の紹介をさせていただきます。

Enjin(7370)は、主に中小・中堅企業、医療機関を対象としたPR支援サービスや顧客とメディア又は決裁者をつなぐプラットフォームサービスを提供をしています。

評価・初値予想

初値は小幅にとどまる可能性があるものの、売上は好調な点とロックアップがしっかりとかかっているため、期待がもてます。

なので今回は評価は「B」とさせていただきました。

ポイントコメント
業績
ロックアップ期間
オファリングレシオ高い
当選口数少し多い
吸収金額少し多い
トレンド
初値予想1,660円 〜 1,930円
初値上昇率1.2倍  〜 1.4倍
評価B

基本情報

市場東証マザース
業種サービス業
証券コード7370
企業URLhttps://www.y-enjin.co.jp/
ブックビルディング期間6/2 (水) ~ 6/8 (火)
上場予定日2021/6/18(金)
吸収金額39.6億円程度
当選口数28,750口
想定価格1,380円
仮条件
仮条件決定日5/13 (月)
公募価格
公募価格決定日6/9 (水)
購入期間6/10 (木) ~ 6/15 (火)
オファリングレオ41%
公開株数2875000株
公募株数1000000株
売出株数1500000株
オーバーアロットメント375000株

事業内容

事業内容としてはPR支援サービスや顧客とメディア又は決裁者をつなぐプラットフォームサービスを提供をしています。

法人/経営者向けPR支援サービス・医療機関/医師向けPR支援サービス

中小・中堅企業、医療機関を対象としてPR支援サービスを提供。

外部CMO(Chief Marketing Officer、最高マーケティング責任者)として、オウンドメディアである

「KENJA GLOBAL」
「覚悟の瞬間」
「Qualitas」

等を中心とした、複数のメディア媒体の中から顧客のニーズに合わせて露出のサポート。

メディアマッチングサービス「メディチョク」

中小・中堅企業、医療機関を対象に今までPR会社の担当者が間に入って仲介していたメディアとのマッチングを、PC・スマートフォン上で行うことができるサービスを提供。

決裁者アポイントマッチングサービス「アポチョク」

BtoB向けサービスを提供する企業、富裕層ビジネスを展開する企業等を対象にプラットフォームを利用した決裁者と顧客を直接つなぐアポイントマッチングサービスを提供

有価証券届出書引用

手取金の使途

調達した資金は、

「採用活動費」
「人件費」
「広告宣伝費」

に充てる予定です。

業績と決算情報

業績は右肩上がりで伸びています。

しっかりと経常利益も出しているので、好調といえるでしょう。

回次第10期第11期第12期第13期第14期
決算年月2016年5月2017年5月2018年5月2019年5月2020年5月
売上高(千円)676,799684,115864,9951,251,5251,528,948
経常利益又は
経常損失(△)
(千円)37,852△524△2,553156,808309,693
当期純利益又は
当期純損失(△)
(千円)23,435△11,802△7,83591,694300,476
持分法を適用した
場合の投資利益
(千円)
資本金(千円)30,00030,00030,00030,00030,000
※有価証券届出書引用

ロックアップ期間

株主上位10名とロックアップの情報です。

比率が多い上位2人(社)に180日間のロックアップがしっかりとかかっています。

株主名株数比率ロックアップ
本田 幸大 代表取締役社長3,000,000株49.31%180日間
S&Sホールディングス3,000,000株49.31%180日間
平田 佑司 取締役18,000株0.30%
多鹿 晴雄18,000株0.30%
湯浅 直哉12,000株0.20%
小川 浩平12,000株0.10%
廣瀬 哲夫6,000株0.10%
平田 里佳6,000株0.10%
寺崎 祐樹6,000株0.10%
添田 繁永6,000株0.10%

ポイントのまとめ

  • 業績が右肩上がりで好調なので、高評価です。
  • オファリングレシオが41%と高いため、あまり希少性あると言えません。
  • 当選口数は37,722口、吸収金額が48.6億程度で、東証マザーズ中型の位置づけかと思うので、初値は小幅にとどまりそうです。

幹事証券

主幹事

みずほ証券

幹事

IPO申込スタンス

初値上昇は小幅に留まる可能性があるものの、参加していこうと思います。

adb

コメント